ホーム>任意売却ブログ>高齢者問題>今のうちに準備、老後の生活
高齢者問題

今のうちに準備、老後の生活

みなさんこんにちは、

任意売却横浜コンサルタント、丸山です。

 

2017617172645.jpgのサムネイル画像

 

このところ、定年退職を迎えた方々のご相談が急激に増えました。

 

 

30~40年前、日本の景気がよかった頃に家を購入した方々が

ここへきて当初の予想と反して収支のバランスが崩れてきたことが

主な原因のようです。

 

「思ったような退職金ではなかった」

「子供に思った以上にお金(学費)がかかって」

「収入が上がる計算でローンを組んだのに・・・」

 

なおかつ家はメンテナンスをしないと維持できず、

固定資産税等もあるので、ローン以外にもお金がかかる事も事実です。

 

201712917234.png

 

35年間かけて、住宅ローンをすべて支払い終えたとしても、

家の負担はゼロではないのです。

 

マンションになると、管理費や修繕積立金が毎月あるうえに

積立金が値上がりをするマンションがほとんどです。

 

ほとんどのマンションの組合では修繕積立金が

計画より足りていないのが現状なのです。

 

つまり、定年退職して住宅ローンを支払い終えていても

家の維持費は生活を圧迫しつづけるのです。

 

今、収支に問題がない方でも、定年後の生活や家の状態、

またはどんな支出が起こり得るか、考えてみてはいかがでしょうか。

 

「住宅ローンや維持費が、少し生活を圧迫しているな」

 

と感じる方は、一度ご相談ください。

適切なアドバイスをさせて頂きます。

 

 

丸山

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ls-yokohama.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/99