ホーム>解決事例

解決事例

解決事例

ケース その1 「競売開始の通知が来た」
ケース その2 「もう滞納してしまいそう」
ケース その3 「離婚問題、家を守りたい」
ケース その4 「事業に失敗して債権者多数」
ケース その5 「投資マンションで失敗」

ケース その1

競売開始の通知が来た

競売開始の通知が来た
相談者 稲垣敏郎さん68歳 独身
お住まい 横浜市旭区在住
お仕事 年金受給
返済状況 平成元年に4000万円で一戸建購入
残債務1100万
月々の返済15万円
希望 競売を避けて引っ越し代がほしい

経緯

定年退職を迎え、ごくわずかな年金生活をしていました。
退職金はありましたが、7年前に離婚した元妻の浪費癖(ギャンブル)によってほとんど残らず、気づけばその日暮らしの生活でした。

それでも住宅ローンがまだまだ残っていて、支払いも月15万円という巨額。サラリーマン時代はそこそこ収入もあり子供も居なかったので、生活に無理はなかったのですが、今現在もらえる年金も多くはありません。家も古くなり修繕しなくてはいけなくて、つい消費者金融で借り入れして修繕をしたのですが、、、それが間違いでした。

消費者金融の金利も高く、ローンと合わせて月々20万円近くの返済になってしまったうえ、友達が事故で入院し、手持ちが無いというのでお金を貸したりしているうちに、自分も詰まってきて、、、。
遅れ遅れでも払っていたのですが、滞納の期間も一か月が二か月になり、どんどん滞納していくうちに、それが普通になってしまい、気づけば六か月を超えていました。そうこうしているうちに競売の申し立ての通知が来たのです!

担当相談員談

稲垣さんはバブル真っ只中に家を買ってしまい、今の相場で売るにも残債務まで足りない査定でした。

売るにも売れず、支払うにも払えず。そこで無理をして払っていたのですが、無理している自分に気づかず、最悪のケースの一歩手前まできてしまったのです。

解決へ

競売開始の通知を受けてはいますが、裁判所の執行官の調査もこれから、という段階だったので
比較的に時間はありました。

とはいえゆっくりはしてられません。相談、依頼を受け早速自宅の査定と債権者である金融機関との折衝をしました。
相場は800万円そこそこの査定結果でした。購入時の新築価格4000万円とのことですが、まわりの新築は建売のもので2880万円。新築がそこまで安いといくら程度のよい中古でも新築より安くなってしまう、それが不動産相場です。
それでも任意売却横浜のネットワークを駆使し、なんとか900万円での購入者をみつけ金融機関の了承も得、旭区役所の差押えも入っていましたが、売却金額の中からの配分で差押えの解除もできました。
税金の滞納も解消し、引っ越し代を得て稲垣さんの自宅は競売から守られました。
買い手の方も協力的で、引っ越しについても時間を頂き、稲垣さんはゆとりをもって引っ越しができました。
さて肝心の残債務についてですが、延滞金等入れると350万円近くの残債務でしたが、金融機関との話し合いの末、月々2万円での返済計画で合意し、返済を続けているとの事。

稲垣さんの新生活状況は
賃料 6万円
月々の返済2万円
となり、毎月15万円払っているよりぐっと楽になりました。

68歳ということで賃貸を探すにも不安を感じていらっしゃいましたが、任意売却横浜では賃貸のあっせんも行っておりますので、新しい自宅探しもお手伝いできます。
ご安心ください。
「賃貸になり、部屋はせまくなりましたが、一戸建をひとりで掃除も大変でしたので、今の方がとても気楽です。
有難うございました。」

ケース その2

もう滞納してしまいそう

もう滞納してしまいそう
相談者 豊島辰二郎さん 52歳 4人家族
お住まい 横浜市南区在住
お仕事 失業中
返済状況 平成14年に3900万円で新築マンション購入
残債務2700万
月々の返済13万円
希望 競売を避けて残債務を圧縮したい

経緯

長年大手商社に勤務していました。経験も長く年々昇進もしていたのですが、リーマンショックの影響でここへきて突然の会社の縮小、そしてリストラの対象になりました。

転職先も見つからず、見つかったとしてもいままでと同じ給料は望めず、収入は激減です。そこへきて息子(19歳)と娘(18歳)の学費がちょうど厳しい時期でした。
息子は一浪しながらも一生懸命勉強し、私立大学への進学が決まり、同時期に娘も大学へストレートで合格。喜ばしい限りでしたがその学費にびっくりしました。
息子と娘の学費で預貯金をかなり使い込み、そのうえ私の収入減がかさなりました。妻は専業主婦でパートをしてもらいましたが、それでも追いつかないほど、収支のバランスは崩れていたのです。

そうなると月々13万円の支払いはとても厳しく、もう今すぐにでも滞納してしまいそうです。
現在就職活動中ですが、失業保険の期間も終わりが近づいてます。

担当相談員談

豊島さんは非常にまじめに長年会社に勤務していた方でした。仕事一筋、そんな印象です。

しかし予期せぬ収入減と重なる出費、生活水準を下げようにも人間はすぐにはそんな事態に対応できません。
まだまだ働き盛りの豊島さんは、とにかく滞納を避けたい、その一心で相談に来られました。

解決へ

生活の状況を伺い、収支のバランスを見せてもらいましたが、どう考えても支払いは困難でした。しばらく様子ををみたい、当初はそんな話しでしたが、相談頂いてから約3か月後、滞納は3回目となってしまいました。
この時点で銀行も競売を示唆していたので、任意売却の依頼を頂きました。

とりあえずは競売にはかけず、任意売却の動向を待つとの猶予を頂き、販売活動を始めました。競売にかけられる前なので比較的時間もあり、なんとか高値で購入して頂ける方を見つけることができました。

売却価格2200万円
残債務 約550万円

残債務については金融機関との話し合いの結果、再就職先が決まり収入が安定してからの話し合いでよい、との事でしばらく猶予をもらえました。
新しいお住まいは夫婦二人で暮らせる1LDK8万円、お子様二人は大学入学と同時に2 人で独立して生計を立て勉強しながら自分でやりくりするとの事。親思いのお子様ですね。
「いままではどうなるか不安でしたが、いくら残債務が残ったよりも解決してすっきりした事が一番うれしいです。
就職先を早くみつけ、子供たちに仕送り位できるよう頑張っていきます」

ケース その3

離婚問題、家を守りたい

離婚問題、家を守りたい
相談者 加藤紀香さん 41 歳 3 人家族(子供2 人)
お住まい 相模原市緑区在住
お仕事 パートアルバイト
返済状況 平成10 年に3000万円で新築戸建を購入
残債務1800万
月々の返済12万円
希望 住み続けたい

経緯

小学生のお子様2人を育てながら、母子家庭でやりくりしてきました。

住んでいた自宅は別れた夫と共有の名義で、住宅ローンも共有の債務だったのですが、養育費のかわりに、すべてのローンを元夫が全額払うという約束で暮らしていました。
住宅にお金がかからない分、女手ひとつでもなんとかできていましたが、離婚して5年、突如住宅ローンの支払いを元夫が止めてしまったのです。
督促状が自宅に届き、驚いて元夫に連絡をしました。
元夫は同じ神奈川に住んでいましたが、新たに再婚して所帯を構え、なおかつ新しい奥さんとの間に子供もでき、向こうも生活が厳しいらしく、
「月々12万の養育費代わりのローンは払えない。」と開き直られました。
しかも「いままで高いローンを払ってきたから貯蓄くらいあるだろう」と言われ、こちらの要望に応じる気配もありませんでした。

夫の浮気が原因だったのに、こんな仕打ちはひどい、と思い弁護士にも相談しましたが、お金も時間もかかるとの事ですぐ強制的にローンを払わせるのは難しいことが分かりました。
そうこうしているうちにローンの滞納は半年を過ぎ、ついに競売の通知が届きました。子供二人は小学校にも慣れ、友達も多く、今環境を変えるわけにはいきません。

担当相談員談

女手一つでお子様を育て、大変な最中に元夫の裏切り、加藤さんは非常に大変な思いをされてきました。

養育費は優先されやすい債権ともいわれていますが、すぐに、強制的に、支払わせる、というのも実は難しく、時間もかかりますし、万が一逃げられ行方がわからなくなると取り立ても困難を極めます。
なによりもまずは「家を守る」「環境を変えずに解決する」加藤さんには一度元旦那さんへの怒りを鎮めてもらい、競売回避に集中して頂くアドバイスをしました。

解決へ

お子様二人の今後を考えると、住み続けられるようにしてあげるのが一番です。

その希望を受け、競売の申し立てを受けながらもなんとか買主をみつけ、なおかつ住み続けられるよう、買主とも交渉をしていきました。
住み続けるには通常の任意売却にくわえ様々な諸条件が加わってきますが、
任意売却横浜の豊富な経験で条件をクリアしていき、加藤さんは家賃を払いながら住み続けることができる形になりました。

月々家賃6万円
残債務750万円
残債務の支払い、加藤さん月々1万円、元夫 月々7万円

賃貸契約内容も更新料なし、礼金も敷金もなかったので引っ越しでお金がかかることも無く、お子様も安心して末永く暮らせる環境が確保できました。
「いままで無かった家賃を払うことになりましたが、住まいの確保はでき、しばらく安心して暮らせるようになりました。元夫に対しても弁護士を通じて養育費を払ってもらうよう、腰をすえて話し合いできる時間ができました。ありがとうございました。」

ケース その4

事業に失敗して債権者多数

事業に失敗して債権者多数
相談者 吉沢直樹さん 49 歳 3 人家族(子供1 人)
お住まい 川崎市多摩区在住
お仕事 会社経営者(債務整理中)
返済状況 平成13年に5500万円でマンション購入
残債務3600万
月々の返済17万円
希望 引っ越し代がほしい

経緯

長らく広告業界に努めてきて営業マンとして成績もよかったので、独立し会社を経営してきました。

当初は売り上げも悪かったのですが、途中からものすごく業績も良くなり、会社も大きくなっていきました。収入も格段に増え家族にも贅沢な暮らしをさせることができていました。それまで賃貸だったので川崎市内で新築マンションを購入して、銀行も沢山融資してくれました。
支払いも余裕でしたが、あのリーマンショックを機に業績が格段に悪くなっていきました。業績は良くても実は運転資金があまりなく、それでも銀行融資でなんとかなると当てにしていましたが、あれほど「借りてくれ」と言っていた銀行はリーマンショックを機に手のひらをかえしたようい、まったく融資してくれず、会社の運転資金はすぐに底をつきました。
そして売掛金、買掛金双方ストップし、会社がまわらなくなり、ついに従業員に払う給料も確保できず、多くの退職者を出してしまいました。
それでもやりくりしていましたが、さまざまなノンバンク金融機関から借り入れもあり、会社の資産に加え、私の資産、自宅にも差押えが次々に入ってきました。金融機関だけではなく、国税や地方税の差押えも・・・。
家を売るにも相場が下がり、売るに売れません。

担当相談員談

吉沢さんは営業マンとしてのスキルも長けていて、かなり勢いのある会社経営で有名な方でしたが、勢いある時にまさかの不景気。

防御策が間に合わず、会社の債務整理へと追い込まれました。経営者になると会社の債務が社長個人の資産にまで及びます。そのため吉沢さんに自宅には多くの差押えと抵当が入っていました。

解決へ

債権者の数がかなり多く、それぞれの債権者との連絡を続々とはじめました。なかには感情的になってしまっている個人の債権者の方もいました。吉沢さんとは二人三脚で交渉をしていきました。
時間はかかりましたが、競売申し立て寸前で買主がみつかり、各債権者との調整もつき、なんとかスムーズな引っ越しもでき、無事任意売却が完了しました。

売却価格 2800万円
残ったローン約1000万円
吉沢さんは他の債務と合わせると5000万円ちかくの債務があり、到底返済できないとの事でしたので会社と併せて弁護士の先生と一緒に整理していくとの事でした。

今回弁護士の先生もいらっしゃいましたが、任意売却については弁護士先生でもできなかった為、弊社に依頼を頂きました。
「まだまだすべてが解決はしてはませんが、住まいについて解決したことは大きな進歩でした。まだまだ働き盛りですから、会社を整理しても頑張って働きますよ!ここまで根気よく相談にのって頂き有難うございます」

ケース その5

投資マンションで失敗

投資マンションで失敗
相談者 大山典明さん 61歳 4人家族
お住まい 町田市在住
お仕事 アルバイト(元大手通信会社勤務)
返済状況 平成22年に1800万円投資用マンション購入
平成23年に1700万円投資用マンション購入
平成25年に1500万円投資用マンション購入
ほか自宅平成10年に3200万円で一戸建
を購入
残債務 投資用 4500万 月々の返済18万円
自宅戸建 完済ずみ
希望 マンションをすべて売却してすっきりしたい。

経緯

私は大手通信会社に長年勤務し、早期退職して退職金で自宅のローンを支払い、悠々自適な老後を迎える予定でした。

しかし以前より妻に内緒で投資用マンションを購入していて、2件保有していました。ほとんどプラスマイナスゼロで、儲けもありませんでしたが、ローンが無くなればいずれは利益だけになる。と思い保有していました。
しかしある日、投資用マンションの営業電話がかかってきました。話しを聞くと、早期退職し、アルバイトで仕事をしている身でも投資用マンションが買えるとの事。さらにかなり割安な物件。3件保有してもローンさえなくなればあとは資産になり、子供たちにも資産を残せると思い、思い切って購入。
これがまちがいの始まりでした。

購入したものの、なかなか賃借人がつかず、ローンの支払いだけ行う日々。
やっと借り手がみつかったと思えば、想定していた賃料よりもかなり低い家賃でしか借りてくれない状況。
「営業の人が言っていたのとちがう」そう思い、地元の不動産屋に聞くと、そこまで高い家賃で貸せる場所ではなく、やっと見つかった借り手の賃料が適正との事。
驚きました、だまされたのです。
毎月マイナス、持ち出し持ち出しで支払いをしていましたが、さらにここへきて以前から保有していたマンション2件に給湯器の不具合や設備の改新が必要になり多額の出費。さらに賃借人も出ていき、あらたに入居しても以前の賃料よりも低くなってしまったのです。毎月持ち出しがかなりの額になっているので、このままでは貯蓄がゼロになる寸前でした。思い切って妻に相談したところ、妻がこちらのホームページを見つけ相談しました。

担当相談員談

大山さんは家族の為、よかれと思って投資用マンションに手をだしました。

営業マンのトークにも疑問を持たず、いい商品だと信じて購入してしまっていました。しかしほんとに上手い儲け話しであれば、わざわざ営業電話などしません。要は在庫で売れ残ったマンションを買わされたのです。このように投資用マンションはなかなかうまく運営できないのが現状です。

解決へ

支払いも滞納しはじめ、このままでは自宅すら差押えを受ける状況でした。

しかし大山さんはお子様2人が独立し、家を出ていくことを機に、自宅を売却し、その余剰金をローンの返済に充てました。なるべく高く買ってくれる投資家を探し、投資用マンションの売却が完了しました。そして自宅は失ったものの、すべての債務を完済することが出来たのです。もちろん大山さんの例に限らず、ローンが残ってしまう方もいらっしゃいます。しかし競売ともなると現在の借り手にも迷惑がかかるし、自宅をお持ちの方ですと、自宅まで競売にかけられる可能性もあります。

その場合は早めの解決がなによりなのです。「打つ手が無くなる前に相談できてよかったです。任意売却横浜さんの、売却スキルには驚かされます。ここまで段取りよくスッキリできるとは思いませんでした。」