ホーム>任意売却ブログ>任意売却豆知識

任意売却豆知識

任意売却ってなに? Q&A


任意売却横浜、事務局です。

 

ここでは、任意売却のブログとして、いくつか事例を交えて紹介しています。

 

ブログを見た方からの質問も多く、

最近寄せられた質問をご紹介します。

 

Q、任意売却と普通の売却はなにがちがうの?

A、売却の決定権を持つ人が違います。

 通常の売却は、売りたい人が、売りたいものを、自分の納得する価格と条件で売ります。

 しかし任意売却ですと、銀行(債権者)が売却価格の最終判断を行います。

 価格、日程、条件等、おおまかなものは債権者の判断にゆだねられますが、

 売主(所有者)としての権限も無いわけではないので、通常の売却に比べて、

 交渉する相手が多い、というのがポイントです。

 つまり、任意売却は複雑なのです。

 

 

Q、競売にかかっていても大丈夫ですか?

A、大丈夫です。

 但し時間的制限があります。急いで任意売却にとりかかる必要があります。

 

 

Q、競売にかかっていないけど、任意売却になるの?

A、滞納が長期化していれば、任意売却対象になりやすいです。

 競売と同時進行で進めることもありますが、競売の申し立てを受ける前に

 任意売却をすすめることもあります。

 

 

Q、共有者がいるけど、連絡がつかない

A、急いで探す必要があります

 不動産の売却は、共有者を無視しては行えません。

 また共有者が亡くなっていたり、相続未登記であれば、早急に

 遺産分割協議を行い、登記する必要があります。

 

等々、ほんの一例ですが、任意売却横浜には沢山の質問が寄せられます。

皆様の状況をよくお聞きして、その上でアドバイスを

させて頂くのが一番かと思います。

 

是非ご相談ください。

 

任意売却横浜、事務局でした。

 

相談料無料について

任意売却横浜、コンサルタントの丸山です。

 

2017617135245.jpg

 

 

弊社で行っている任意売却ですが、

相談料無料!とお伝えしているものの、

 

「そんなはずはない、どこかでお金を取るはずだ」

 

とおっしゃる方もいらっしゃいます。

 

たしかに、一企業である以上、収益なくしてはボランティアだとしても

やりくりはできません。

 

しかし、相談料は無料です。

なにを何時間話しても、無料です。

 

弁護士の先生は相談すると有料ですが、

我々はお金に困っている方から、さらにお金は取れませんし、

任意売却の依頼を頂いて、競売を避ける事ができたり、

任意売買の取引ができて初めて報酬を受け取ります。

 

成果報酬というものです。

 

つまり皆様のお手伝いができて初めて、報酬が得られます。

 

「成果を出してもらっても、出せる報酬が無い」

ご安心ください。

 

売買金額の中から、手数料として配分されますので、

皆様の持ち出しはございません。

 

つまり我々も皆様のお手伝いを完遂できないと、

企業として成り立たないのも事実ですし、

皆様も競売を避けたり住み続けたいという事であれば、

その希望を叶えて、任意売却の成果を上げるのに全力を尽くします。

 

つまり利害関係は一致しているので、良きパートナーとして、

皆様のお手伝いをしていくのが、我々の役目なのです。

 

2017720195151.png

 

皆様の依頼と許可が無いと、何一つ進められません。

 

勝手に任意売却やなにかを進める事もできないので、

まずはお会いしてお話しをしていきます。

 

是非ご相談ください。

 

任意売却横浜

 

任意売却の後の事

任意売却横浜のコンサルタント、丸山です。

 

2017617172645.jpg

 

今回は、任意売却された方のその後について、

川崎市鶴見区の本田さん(52歳男性:仮名)のお話しです。

 

本田さんは、奥さんとお子さん2人という、一家4人家族でした。

高校2年生と3年生のお子さんがおり、ちょうど進学にお金が掛かる時期でした。

 

そこへ共働きだった奥さんが病気になられて入院。

長期入院の為、退職を余儀なくされました。

 

その結果、ご主人の給料だけでは4人の生活はギリギリ。

お子様が私学だった事と奥様の入院費もあり、

一時的な金銭的負担がとても大きかったのです。

 

結果、住宅ローンの支払いが出来なくなってしまいました。

 

ついに競売の通知が来たところで、当社にご相談に来られ、

任意売却でご自宅を売却。何とか競売を回避できました。

 

それからしばらくして先日、本田さんからお礼の連絡もあり、

たまたま引っ越し先に行く用事もあったので、

新しいご自宅に伺いました。

 

上のお子様は受験のために学習塾に通い、

下のお子様は自宅でテレビゲームをしていました。

みなさん食事も通常どおりですし、

奥さんの体調も回復し、リハビリもかねてジョギングが日課との事。

本当に普通の生活でした。

ご主人様もバリバリ仕事をして元気そうでした。

 

「住まいはアパートですが、家賃以外の大きい支払いもないし、

とても気楽です」

「何故あんなに家に執着していたのか、今となっては笑い話ですよね」

と本田さんはおっしゃってました。

 

実は、弊社に相談にいらしたときは

「絶対に引っ越したくない」

と言っていましたが、今は月々の負担も減り、

幸せを取り戻している様子でした。

 

任意売却の後でも普通の生活はおくれます

 

任意売却をしたからと言って、

普通の生活まで奪われることはありません。

 

ただ良い再スタートをきるために、任意売却をするだけなのです。

 

安心してくださいね。

 

丸山

払えない住宅ローン、売れない自宅

皆さん、こんにちは。

 任意売却横浜、コンサルタントの丸山です。

 

2017617172645.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

 

私ども任意売却横浜には沢山の相談が日々よせられています。

 

その中でも多いのは、20年前くらい前に住宅を購入された方

非常に多いな、と感じます。

 

住宅ローンは月々10万から多いと20万円ほどの

返済をされている方が多く、その頃の住宅ローンの金利は、

なんと、4%近くでした。

 

 それだけ高い金利で返済を続けていても、いっこうに元金は減らず、

住宅ローンの残高をあらためて調べてみて

びっくりされることも多いのではないでしょうか。

 

私も長年、不動産の仕事に携わっていますが、

住宅ローン金利はどんどん安くなり、

 

「今年あたりが一番安い」

 

と毎年言っているくらいです。

 

60代で、月々1020万円以上の住宅ローン

返済するとなると、とても大変な事で、

さらにあと10年以上も返済が残っている、という方が

沢山いらっしゃいます。

 

金利を見直ししようにも、

収入状況が以前より悪かったり、

職場、職種も変わっていたり、

見直しをするにも今どきの金利ほど

優遇されないのが現状です。

 

住宅ローンの支払いがとにかく厳しく

売るにもローンが多すぎて売れないこともあり、

 

払えない、売れない、

 

という事で大変困り、任意売却横浜に相談に来られます。

  

2017923173634.pngのサムネイル画像

 

住宅ローンを組む時は、だれもそんな事を想像も

していなかったと思います。

 

将来の支払いに不安があり、

何処に依頼すればいいのかわからないということがあれば、

遠慮なく「任意売却横浜」へご相談ください。

 

任意売却以外の方法もアドバイスできます。

 

もちろん相談料も無料です。

0120-79- 0570

 

丸山

相続と不動産と任意売却

任意売却横浜、コンサルタントの丸山です。

 

2017617135245.jpg

 

弊社では相続の相談も多く、

任意売却とあわせてどうすればよいか、との話しを聞きます。

 

相続は財産を残された家族等で分ける、というイメージでしょうが、

実は「借金」まで相続することもあります。

 

親が残した家を相続したが、実は担保に入っていて、

その借金まで相続する羽目になった、等

 

正直、そういったご相談は多いです。

 

相続の仕組みについてはなかなか周知されていないこともありますが、

親が借金をしているかしていないか、なんて

事前に話し合っておかないと、わからないものです。

 

相続すべき財産と、借金の額を比べて、

プラスになれば相続してもよいのですが、

マイナスが多い時は、相続を放棄するか

等の選択が迫られます。

 

特に、不動産等は実際の評価が難しいケースもあり、

プラスなのかマイナスなのかも分からない、

そんな事もあります。

 

一度、状況を整理する必要がありますので、

まずは相談をして頂けるのが一番かと思います。

 

当社では専用の相談ルームも設けてます。

 

201771595857.JPG

 

お気軽にお問合せ下さい。

 

 

破産手続きについて

任意売却横浜、代表コンサルタントの丸山です。

 

2017617135245.jpgのサムネイル画像

 

先日こんな相談がありました。

 

任意売却もしないといけないし、破産手続きもしないといけない」

「どちらを優先すればいいかもわからない」

 

その方は借り入れが多数あり、様々な金融会社から

督促や催促の電話が来る日々でした。

 

そこで弁護士の先生に相談したものの、任意売却に疎い先生で時間もかかり、

そうこうしているうちに競売の申し立てまできました。

 

「弁護士の先生は事務的な指示だけがあって、今後とか家の事とかまるで連絡がない」

「競売も進んでいるし、どうしていいのかわからない」

 

大変お困りの状況でした。

 

ここで、皆さまにもアドバイスになるのですが、

 

任意売却(競売)と破産手続き(債務整理も含む)は

必ず同時に進行する必要はない、

 

という事です。

 

任意売却をしてから、残った債務について破産(債務整理)する、

という方法で借金問題を解決される方もおり、

場合によっては破産するまでもない債務額になる時もあります。

 

しかし、みなさま初めての事。

 

なにをどうしたらいいかわからず、

なおかつ時間に焦ってしまい、すべての手続きを一緒に進めてしまいがちです。

 

破産にしても、必ず破産しなくてはいけない、という訳ではありません。

また、いつまでに破産しなくてはならない、という期限はありません。

 

債務整理も一緒に行うと、お金の事、引っ越しの事、

競売の事、任意売却の事、等々

やる事が多くて頭の整理もつきませんよね?

 

2017724145214.jpg

 

 

 

もちろん同時に進めた方がよいときもあります。

 

まずはどうしたらよいか、

 

「任意売却横浜」に相談頂き、適切なアドバイスを行いますので、

お電話いただければと思います。

 

丸山

 

任意売却/横浜/神奈川/対応エリア

神奈川県横浜市、関内に本部を構える、「任意売却横浜」です

任意売却の専門会社になります。

 

神奈川県とその近郊を中心に任意売却

競売を取り下げる業務等を取り扱っております。

 

エリアについてこちら

 

しかし県外からの相談も多く、

いままでの任意売却の地域の実績として、他県もあり

スタッフも増員してエリア拡大に対応できるようになりました

 

2018102121849.jpg

 

実績のある任意売却エリアは以下

  神奈川県

横浜市全域・川崎市全域・藤沢市・相模原市・横須賀市・小田原市

綾瀬市・海老名市・大磯町・厚木市・鎌倉市・愛甲郡・足柄上郡

座間市・逗子市・高座郡・茅ヶ崎市・中郡・箱根町・秦野市・葉山町

平塚市・真鶴町・南足柄市・三浦市・大和市

  他関東地域

東京都23区各区・町田市・立川市・三鷹市・調布市・東京都下

千葉県、埼玉県、各地域

  他県

大阪府大阪市・京都府京都市・愛知県名古屋市

北海道札幌市・岩手県盛岡市

 

 

 

 

※上記以外の他県でも対応可能です。ご相談ください

 

 

もちろん神奈川県エリアはいままでどおり、

特に力をいれていますので、ご安心ください!

 

他エリアでも各地域に提携している不動産業者がおり

長年のネットワークで任意売却を行えます。

 

以上、任意売却横浜

事務局でした

 

競売?任意売却?どう違うの??

みなさんこんにちは、

任意売却横浜、コンサルタントの丸山です。

 

2017617172645.jpgのサムネイル画像

 

皆様からの質問で多いのが、

任意売却と競売、そもそもなにがちがうのか、

ということです。

 

競売は安くなる、任意売却は高くなる

という事はご理解頂いてますが、

一番おおきな違いは

 

強制的に売られるか、

自分の意思で売るか

 

の違いともいえるでしょう。

 

強制的に売られる、という事は

引っ越しの時期やこちらの事情は、

まったく考慮されません。

 

裁判所の手続きと、競売落札者の思うがままになります。

たとえ引っ越し先が見つかってなくても、

出ていかなくてはいけない事もあります。

 

任意売却については、

引っ越す時期やタイミングは、相談のうえ決まります。

つまり、皆様の今の事情は考慮されるのです。

※弊社では引っ越しサポートシステムもございます!

 

201791205814.png

 

荷物の事や、家族の事、

仕事の状態等も考慮されながら、

任意売却の手続きを進めていきます。

 

こういった部分は、金額以外でもとても大きなポイントです。

もちろん、引っ越し代がもらえる等もありますが、

取引の流れそのものは、普通の不動産売買と同じです。

 

もちろん知人や友人に知られることもありません。

 

詳しくはこちらでも記載しておりますが、

直接会って皆様の状況を聞き、

お話ししていくのが一番かと思います。

 

 

 

 

オーバーローンについて

任意売却横浜、事務局です。

 

201762115390.jpg

 

今回は弊社でも特に相談が多い、オーバーローンについてです。

 

どういう事かというと、

 

ローンの残り、2000万円

自宅を現況で売ると、1300万円

 

こんな一例もあります。

 

つまり、足りない700万円、(さらに売却には手数料がかかります)

を自身で用意しないと、売ることもできないのです。

 

なぜこのような状況になるのかというと、

 

家の価値が以前と比べて下がった

にもかかわらず、

ローンの減り方は変わらない、

という事が主な原因です。

 

極端に不動産価格が下がるのは、

バブル崩壊、

リーマンショック

天災

 

等によるもの。

 

 

 

不動産の価値は極端に変動するにもかかわらず、

住宅ローンは家の価値に合わせて増えたり減ったりもしないのです。

 

201772019551.png

 

ローンの支払いが苦しい状態だと、

売ることも、支払い続けることもできない、

 

そこで、任意売却横浜に相談に来る、という方が多いのです。

 

しかし心配はいりません。

 

弊社の優れたコンサルティングスタッフが

どのような状態でも良い方向へ指し示すアドバイスができます。

多くの方は、任意売却 という手法で解決されます。

 

そして解決のお手伝いもしています。

 

ご相談ください。

 

 

以上、任意売却横浜、事務局でした。

 

税金の滞納と任意売却

201762115390.jpg

 

任意売却横浜、事務局です。

 

今回は税金の滞納についてお話ししたいと思います。

 

税金はこの日本で生活をしている限り、

必ず負担がかかってくるもので、支払いは国民の義務でもあり、

べつの角度からみると、最後までついてくる「債務」

といえるかもしれません。

 

破産しても税金だけは免責されなかったり

場合によってはローンやどんな借金よりも優先的に回収できる

とても強い「債権」なのです。

 

以前、税金の滞納の件で、お客様の事例を紹介しましたが、

「公売」という強制的な回収方法もあります。

 

もし滞納してしまっているのであれば、

少しずつでもいいので、税金はなるべく払った方がいいでしょう。

 

税金の滞納、差し押さえの額が大きすぎて、

任意売却すらできなかった、というケースもあります。

 

詳しくは個別で相談にのれますので、

気軽にお問合せ下さい。

 

以上事務局でした。