ホーム>任意売却ブログ>税金の滞納

税金の滞納

税金の滞納と公売と

こんにちは、

任意売却横浜、コンサルタントの丸山です。

 

2018327162353.jpg

 

任意売却横浜には、税金の滞納を理由に

差し押さえを受けた方からの相談も数多く寄せられています。

 

税金の滞納に対しては、それぞれ地方自治体によって

違いはあるものの、近年では非常に厳しい対応をされ、

任意売却すらままならない時もあります。

ですので、税金の滞納で不動産の差押さえがされている方は

早急にご相談いただきたいと思います。

 

 

また「公売」という処置を行う時もあります。 

 

公売とは、税金を滞納したことにより、

国税局や税務署が差し押さえている不動産等を、

入札等の方法により売却する制度です。

 

公売は入札制度になっており、最も高額で入札された方に

売却されることになります。

 

公売には、原則としてどなたでも参加できますので、

強制的に売却されること、入札制度であること、

という点においては「競売」と同じです。

 

 

藤沢市にお住まいの園田さん(自営業53歳男性:仮名)は、

昨年3月に相談に来られました。

 

園田さんは自営業者で、経営悪化により、

1,000万円近くの税金を滞納していました。

そして役所の担当者から「公売」の話しをされ

自宅を失う寸前であることを思い知らされました。

 

 

 

園田さんは公売を避けるべく、当社の相談窓口へたどり着きました。

 

任意売却横浜では住宅ローンや競売にかかわらず、

税金に関わる、公売にも対応できます。

 

市役所との話し合いの結果、なんとか税金も納付し

自宅の任意売却に成功し、最悪の事態は避けることができました。

 

今回は滞納した金額も大きかったですが、

相談時期としてはまだ早めだったので対応できましたが、

期限が定められ、間に合わないケースもございます。 

 

ご相談、ご対応に費用はかかりませんので、

無料相談窓口へお電話ください。

 

丸山

 

税金の差押えと公売

こんにちは、

任意売却横浜、コンサルタントの丸山です。

 

2018327162353.jpg

 

任意売却横浜には、税金の滞納を理由に

差し押さえを受けた方からの相談も数多く寄せられています。

 

税金の滞納に対しては、それぞれ地方自治体によって

違いはあるものの、近年では非常に厳しい対応をされ、

任意売却すらままならない時もあります。

ですので、税金の滞納で不動産の差押さえがされている方は

早急にご相談いただきたいと思います。

 

 

また「公売」という処置を行う時もあります。 

 

公売とは、税金を滞納したことにより、

国税局や税務署が差し押さえている不動産等を、

入札等の方法により売却する制度です。

 

公売は入札制度になっており、最も高額で入札された方に

売却されることになります。

 

公売には、原則としてどなたでも参加できますので、

強制的に売却されること、入札制度であること、

という点においては「競売」と同じです。

 

 

藤沢市にお住まいの園田さん(自営業53歳男性:仮名)は、

昨年3月に相談に来られました。

 

園田さんは自営業者で、経営悪化により、

1,000万円近くの税金を滞納していました。

そして役所の担当者から「公売」の話しをされ

自宅を失う寸前であることを思い知らされました。

2018327162338.jpg

園田さんは公売を避けるべく、当社の相談窓口へたどり着きました。

 

任意売却横浜では住宅ローンや競売にかかわらず、

税金に関わる、公売にも対応できます。

 

市役所との話し合いの結果、なんとか税金も納付し

自宅の任意売却に成功し、最悪の事態は避けることができました。

 

今回は滞納した金額も大きかったですが、

相談時期としてはまだ早めだったので対応できましたが、

期限が定められ、間に合わないケースもございます。 

 

ご相談、ご対応に費用はかかりませんので、

無料相談窓口へお電話ください。

 

丸山

 

 

税金の滞納と、差押えについて

みなさんこんにちは。

「任意売却横浜」任意売却コンサルタントの丸山です。

2017617172645.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

今回税金についてお話ししたいと思います。

 

競売と同時に、「差押え」ということで

市役所等から通知がきた方も多いかと思います。

 

差押えといっても、実際なにか家のモノを

かってにもっていったりする訳ではありません。

 

ご自宅の登記簿に、

「差押え、○○市役所」

等記載されるだけです。

 

生活に直接なにか影響があるかというと

そういう訳ではありませんが、

不動産売買の時に、ものすごく影響があります。

 

どういうことかというと、

 

差押えの登記を解除しないと、

所有権の移転(自宅の売買)が事実上できない

 

ということです。

2017119124958.png

差押えを解除する手段はひとつ、

税金を納めること、です。

 

しかしどこまで納めるか、本税のみか、延滞金ふくめるのか

何日までの税金の計算になるのか、

等々、ケースバイケースです。

 

しかし、共通して言えるのは、簡単な作業ではありません。

もちろんお金も工面しなくてはいけませんし、

どこで工面するのか、どういう段取りで行うのか、

というのも重要になります。

 

基本的に任意売却では売買金額の中から、

差押え解除費用、ということで配分が認められています。

 

しかし多額(何百万も)になると全てが認められる交渉も難航します。

 

税金差押えの額が大きすぎて、任意売却に支障をきたします。

 

いずれにしてもほっておけば

「延滞金」が加算され、一日ごとに債務が増えていきます。

 

早めに解決するのが、一番負担が少ないのです。

 

税金で差押えの方、ご相談お待ちしております。

 

丸山

 

 

 

 

借金で借金を返すのはお気をつけください。

みなさんこんにちは、

任意売却横浜、コンサルタントの丸山です。

 

2017617172645.jpgのサムネイル画像

 

このところ気温が上がったり下がったり、

皆さまも体調管理にお気を付けください。

 

今日は先日売却が終えた方のお話をしたいと思います。
 

 

神奈川県藤沢市にお住まいの、

長澤さん(仮名:61歳男性)はご家族と

藤沢市内のマンションにお住まいでした。

 

かねてより大手印刷関係の商社に勤めており、

勤続年数も長く、かなり年収もありました。

10年前に結婚のお相手が見つかり、

一緒に暮らす事になりました。

お二人は賃貸マンションで暮らしていたので、

ご結婚時に思い切ってマンションを購入されたとのこと。

 

購入時は、独身時代も長く預貯金も沢山あったので、

4割を現金で、6割をローンで購入しました。

結婚後にご出産。歳をとってからのお子さんですが、

とても可愛い娘さんと仲良く暮らしていました。

 

しかし、印刷業界がかなり傾きはじめ、

長澤さんの会社もその影響を受け、

数年前に会社全体で大幅なリストラが始まりました。

 

「この会社も業界もピンチだ、辞めるなら今しか無い。」

 

長澤さんはリストラ前の自主退職というかたちで仕事を辞め、

別の会社をいくつか渡り歩き仕事をしていました。

 

仕事を転々としてしまい、収入もかなり少なくなりましたが、

なんとかなると思い、長澤さんも家族も生活水準を

特に下げることはしませんでした。

 

そうこうしているうちに貯金も底をつき、

生活するのがやっとの状態まで追い込まれ、

住宅ローンの支払いが厳しくなりました。

 

とりあえずの対策として、カード会社から借り入れをして

凌いでいましたが、住宅ローンの支払いはやはり厳しい状況。

それでも困ったらキャッシング、と借金を増やしてしまいました。

 

気づくと複数の消費者金融に多額の借金が。

2017116135943.png

最終的には借入枠がなくなり、

住宅ローンまで支払いができなくなったのです。

 

どうしてよいかわからないまま、競売の申し立てを受け、

任意売却横浜へ相談に来られました。

 

残ったローンの額はそこまで大きくなかったのですが、

競売になれば債務は残ってしまう状態です。

さらに税金や他金融機関からの差し押さえも入っていたため、

交渉相手はとても多く、困難を極める状況。

時間が限られているため、長澤さんとも

密な連絡のやりとりが続きました。

 

そしてなんとか購入希望者がみつかり、債務もほぼ精算し、

競売を避けることもできました。

 

今回はうまくいきましたが、差押えで他債権者の応諾が間に合わず

そのまま競売になってしまった方もいます。

 

お金を借りての解決は一時的なものでしかありません。

不用意な借り入れは破綻の元です。

 皆さんもお気を付けください。

 

丸山

税金の滞納、税金の差し押さえ、そして公売について

こんにちは、

任意売却横浜、コンサルタントの丸山です。

 

2017617172645.jpgのサムネイル画像

 

任意売却横浜には、税金の滞納を理由に

差し押さえを受けた方からの相談も数多く寄せられています。

 

税金の滞納に対しては、それぞれ地方自治体によって

違いはあるものの、近年では非常に厳しい対応をされ、

任意売却すらままならない時もあります。

ですので、税金の滞納で不動産の差押さえがされている方は

早急にご相談いただきたいと思います。

 

 

また「公売」という処置を行う時もあります。 

 

公売とは、税金を滞納したことにより、

国税局や税務署が差し押さえている不動産等を、

入札等の方法により売却する制度です。

 

公売は入札制度になっており、最も高額で入札された方に

売却されることになります。

 

公売には、原則としてどなたでも参加できますので、

強制的に売却されること、入札制度であること、

という点においては「競売」と同じです。

 

 

藤沢市にお住まいの園田さん(自営業53歳男性:仮名)は、

昨年3月に相談に来られました。

 

園田さんは自営業者で、経営悪化により、

1,000万円近くの税金を滞納していました。

そして役所の担当者から「公売」の話しをされ

自宅を失う寸前であることを思い知らされました。

2017928235115.jpg

園田さんは公売を避けるべく、当社の相談窓口へたどり着きました。

 

任意売却横浜では住宅ローンや競売にかかわらず、

税金に関わる、公売にも対応できます。

 

市役所との話し合いの結果、なんとか税金も納付し

自宅の任意売却に成功し、最悪の事態は避けることができました。

 

今回は滞納した金額も大きかったですが、

相談時期としてはまだ早めだったので対応できましたが、

期限が定められ、間に合わないケースもございます。 

 

ご相談、ご対応に費用はかかりませんので、

無料相談窓口へお電話ください。

 

丸山

他社で断られた方、任意売却以外でもご相談を

201762115390.jpg

 

みんさんこんにちは。

任意売却横浜、事務局です。

 

当社は任意売却を専門とし、

相続、破産、債務整理、任意整理、住宅ローンの返済不能、競売、

自宅や不動産をお持ちである方に売却以外のアドバイスもしております。

 

取り扱う不動産も多種を極め、

・任意売却によるマンション、一戸建ての売却

・任意売却による投資用マンションの売却

・離婚によるマンション、一戸建ての売却

・相続によるマンション、一戸建て、投資用マンション、大きな土地の売却

・任意売却によるリースバック

 

等々、任意売却専門ではあるものの、

任意売却以外の特殊な事情のある不動産も取り扱っています。

 

相続と離婚と任意売却がすべて重なる状況もしばしば。

 

こいうった特殊な状況だと、なかなか大手不動産会社では

取り扱いができなかったりします。

 

大手不動産会社では、特殊な事情が一切無く単純な

「売りたい、買いたい」というお客様が非常に多く、

時間のかかる特殊な不動産に対応できない、

といった背景があります。

 

「大手不動産に相談したが、明確なアドバイスが無かった」

「大手不動産に売却依頼したが、時間だけ過ぎて解決できなかった」

 

2017830125111.png

 

ということで、弊社に相談に来る方もいます。

 

任意売却もそうですが、それなりの経験と知識とカンが必要です。

 

たしかに本当に取り扱えない状況の不動産もゼロではありません。

が、その際は、その理由と出来うる可能性については、

必ずアドバイスをしています。

 

任意売却だけではなく、

離婚、相続、差押え、税金滞納、そして競売等、

自宅を所有していれば、必ず関わりがあるものは

弊社でアドバイスしていますので、是非、ご相談ください。

 

以上、

任意売却横浜でした。

 

 

税金の滞納について

201762115390.jpg

 

任意売却横浜、事務局です。

 

今回は税金の滞納についてお話ししたいと思います。

 

税金はこの日本で生活をしている限り、

必ず負担がかかってくるもので、支払いは国民の義務でもあり、

べつの角度からみると、最後までついてくる「債務」

といえるかもしれません。

 

破産しても税金だけは免責されなかったり

場合によってはローンやどんな借金よりも優先的に回収できる

とても強い「債権」なのです。

 

以前、税金の滞納の件で、お客様の事例を紹介しましたが、

「公売」という強制的な回収方法もあります。

 

もし滞納してしまっているのであれば、

少しずつでもいいので、税金はなるべく払った方がいいでしょう。

 

税金の滞納、差し押さえの額が大きすぎて、

任意売却すらできなかった、というケースもあります。

 

詳しくは個別で相談にのれますので、

気軽にお問合せ下さい。

 

以上事務局でした。

 

 

 

税金の滞納、そして公売について

こんにちは、

任意売却横浜、コンサルタントの丸山です。

 

2017617172645.jpgのサムネイル画像

 

任意売却横浜には、税金の滞納を理由に

差し押さえを受けた方からの相談も数多く寄せられています。

 

税金の滞納に対しては、それぞれ地方自治体によって

違いはあるものの、近年では非常に厳しい対応をされ、

任意売却すらままならない時もあります。

ですので、税金の滞納で不動産の差押さえがされている方は

早急にご相談いただきたいと思います。

 

 

また「公売」という処置を行う時もあります。 

 

公売とは、税金を滞納したことにより、

国税局や税務署が差し押さえている不動産等を、

入札等の方法により売却する制度です。

 

公売は入札制度になっており、最も高額で入札された方に

売却されることになります。

 

公売には、原則としてどなたでも参加できますので、

強制的に売却されること、入札制度であること、

という点においては「競売」と同じです。

 

 

藤沢市にお住まいの園田さん(自営業53歳男性:仮名)は、

昨年3月に相談に来られました。

 

園田さんは自営業者で、経営悪化により、

1,000万円近くの税金を滞納していました。

そして役所の担当者から「公売」の話しをされ、

園田さんは公売を避けるべく、当社の相談窓口へたどり着きました。

 

任意売却横浜では住宅ローンや競売にかかわらず、

税金に関わる公売にも対応できます。

 

市役所との話し合いの結果、なんとか税金も納付し

自宅の任意売却に成功し、最悪の事態は避けることができました。

 

今回は滞納した金額も大きかったですが、

相談時期としてはまだ早めだったので対応できましたが、

期限が定められ、間に合わないケースもございます。 

 

ご相談、ご対応に費用はかかりませんので、

無料相談窓口へお電話ください。

 

丸山