ホーム>任意売却ブログ>離婚問題

離婚問題

任意売却と離婚問題が重なる時

みなさんこんにちは、

任意売却横浜、コンサルタントの石川です。

2018102121652.jpg

弊社では不動産の売却相談を多々受けておりますが、

多くの方は、

 

「家を買い換える」

「相続で売却したい」

 

という方が多いのですが、

なかでも多いのが、

 

「離婚するから売却する」

 

という内容です。

 

 

離婚して持ち家だと、

「権利」と「お金」と「感情」が入り乱れています。

 

ですので売却するのがシンプルですが、

さらに「お子様の学区の問題」

なども絡んできて、一筋縄ではいかない状況も見受けられます。

 

それに加えて、住宅ローンの支払いの問題もあったり

 

幸せになるために家を買ったのに

家のせいで問題が増えていたり、、、

 

そんな相談を日々たくさん受けているため

弊社では、過去どのように解決していったのか等

様々な事例を交えてアドバイスができます。

 

住宅ローン以外でも、売却相談は受けておりますので

是非一度ご相談ください。

 

石川

 

任意売却と離婚問題の解決方法

みなさんこんにちは。

任意売却横浜の丸山です。

 

2017617135245.jpgのサムネイル画像

 

本格的な冬を迎え、寒い日々が続いていますが、

任意売却横浜へは季節に関係なく、日夜相談が寄せられています。

 

先日、相模原市の板谷さん(48歳男性:仮名)の任意売却が無事終わりました。

 

相談当初、奥様と離婚調停をしていて、別居中でした。

板谷さんは貿易関係の仕事をしていましたが、業務も忙しく、

すれ違いが多くなり、夫婦も不仲になっていました。

 

そこへきて仕事で問題が起こり、トラブル続きのなか

会社の運営も難しくなり、板谷さんはかなりの収入減に

追い込まれてしまいました。

 

そこで家族関係もどんどん悪化し、

奥様から、離婚を迫られたのです。

201811314532.png

当初の約束で、梶谷さんが住宅ローンだけは払う、というかたちで、

奥様が相模原市の自宅に住み、板谷さんは川崎にアパートを

借りて別居していました。

 

 

奥様はその相模原の自宅にお子様(小学校6年生と5年生)と

3人で住んでいました。

 

当初はなんとか住宅ローンを払っていました。

しかし離婚の事もあり、梶谷さんもなかなか仕事に手が付かないうえ、

収入がさらに減少し、最終的には

住宅ローンが払えなくなってしまいました。

 

「このままでは子供たちを競売に巻き込んでしまう、、、」

と思い、任意売却横浜へご相談に来られたのです。

 

板谷さんは

「なんとか自宅を任意売却し、引越代位は渡してあげたい。」

と切実におっしゃっていました。

 

さらに板谷さんは、翌週より仕事で海外へ出張する事になっており、

しかも数ヶ月は帰ってこない、との事。

そういった状況でも依頼をいただき、

任意売却を進めていくことになったのです。

 

 

早速奥様のもとへ翌日会いに行きました。

 

 

離婚調停中な上、養育費も無く、ついには住宅ローンまで滞納し、

そして本人は遠方に居て、なかなか連絡がとれない。

女手一つで2人のお子様を育てながら、仕事をかけもちし、

奥様は大変な状況でした。

奥様も

「なんとか競売を避け、解決をしたい」

というご希望。

 

 

板谷さんとは電話やメールでやり取りをしながら、

弊社では販売活動と債権者交渉を行い、

なんとか購入者を見つけることができたのです。

 

奥様にも引越代をお渡しする事ができ

弊社の賃貸部門のご紹介でお子様の学区も変わることなく、

スムーズな引越しができました。

 

 

最初はかなり不安な面持ちだった奥様が、

会うたびに次第に安心していただけるようになったのが印象的でした。

 

 

どんな状況でも早めにご相談頂ければ解決できます。

お電話をお待ちしています。

 

丸山

任意売却と離婚

みなさんこんにちは。

任意売却横浜の石川です。

 

2018327162024.jpg

 

本格的な花粉シーズンを迎え、むずがゆい日々が続いていますが、

任意売却横浜へは季節に関係なく、日夜相談が寄せられています。

 

先日、相模原市の板谷さん(48歳男性:仮名)の任意売却が無事終わりました。

 

相談当初、奥様と離婚調停をしていて、別居中でした。

板谷さんは貿易関係の仕事をしていましたが、業務も忙しく、

すれ違いが多くなり、夫婦も不仲になっていました。

 

そこへきて仕事で問題が起こり、トラブル続きのなか

会社の運営も難しくなり、板谷さんはかなりの収入減に

追い込まれてしまいました。

 

そこで奥様から、離婚を迫られたのです。

 

当初の約束で、梶谷さんが住宅ローンだけは払う、というかたちで、

奥様が相模原市の自宅に住み、板谷さんは川崎にアパートを

借りて別居していました。

 

 

奥様はその相模原の自宅にお子様(小学校6年生と5年生)と

3人で住んでいました。

 

当初はなんとか住宅ローンを払っていました。

しかし離婚の事もあり、梶谷さんもなかなか仕事に手が付かないうえ、

収入がさらに減少し、最終的には

住宅ローンが払えなくなってしまいました。

 

「このままでは子供たちを競売に巻き込んでしまう、、、」

と思い、任意売却横浜へご相談に来られたのです。

 

板谷さんは

「なんとか自宅を任意売却し、引越代位は渡してあげたい。」

と切実におっしゃっていました。

 

さらに板谷さんは、翌週より仕事で海外へ出張する事になっており、

しかも数ヶ月は帰ってこない、との事。

そういった状況でも依頼をいただき、

任意売却を進めていくことになったのです。

 

 

早速奥様のもとへ翌日会いに行きました。

 

 

離婚調停中な上、養育費も無く、ついには住宅ローンまで滞納し、

そして本人は遠方に居て、なかなか連絡がとれない。

女手一つで2人のお子様を育てながら、仕事をかけもちし、

奥様は大変な状況でした。

奥様も

「なんとか競売を避け、解決をしたい」

というご希望。

 

2018327162051.jpg

 

板谷さんとは電話やメールでやり取りをしながら、

弊社では販売活動と債権者交渉を行い、

なんとか購入者を見つけることができたのです。

 

奥様にも引越代をお渡しする事ができ

弊社の賃貸部門のご紹介でお子様の学区も変わることなく、

スムーズな引越しができました。

 

 

最初はかなり不安な面持ちだった奥様が、

会うたびに次第に安心していただけるようになったのが印象的でした。

 

 

どんな状況でも早めにご相談頂ければ解決できます。

お電話をお待ちしています。

 

 

石川

 

 

離婚と不動産の売却、そして任意売却の事

みなさんこんにちは、

任意売却横浜、コンサルタントの丸山です。

 

最近相談で多いのが「離婚」に絡んだ任意売却の相談です。

 

当然ですが、弊社では離婚の手続き等の

お力になれるわけではありません。

 

家と住宅ローンについてはお手伝いをしていますが、

ご夫婦で共有名義だったり、借りたローンが夫婦の連帯保証など、

様々なケースもみかけます。

20182161641.png

ここでちょっとした知識としてよくある例をご紹介します。

 

・慰謝料のかわりに、住宅ローンを出て行った元夫が支払うケース

・慰謝料のかわりに名義を元妻に変えて、家を出て行った元夫がローンを払うケース

 

という例です。

不動産の名義を変えるのは簡単な話しで、

法務局で移転登記申請手続きをすればいいだけ。

 

しかし、名義がだれであっても、銀行の担保(抵当)がついているかぎり、

支払いが滞れば、銀行は強制的に競売にできます。

 

これが担保(抵当)の強さです。

 

つまり一度この住宅ローンをすべて返し、

担保を外さないと、名義を変えても意味がありません。

 

 

もうひとつの例

 

・名義は元夫だが、住宅ローンの連帯保証人が私(妻)になっていて、これを解除したい。

 

皆さんご存知でしょうか。

「連帯保証人」は主たる債務者(ここでいう元夫)と

同じくらいの責任があります。

 

自宅を買うとき、住宅ローンを組むとき、

住宅ローンの審査に通りにくかったため、

奥様も保証人としてハンコを押し、自宅を購入している事もあります。

 

そんな出来事も忘れて、様々な理由で離婚を決意し。。。

離婚の為、住宅ローンのことを調べると、

連帯保証人の欄に自分のハンコが!

 

そしてその解除は簡単にできません。

 

銀行は主たる債務者の支払いが滞ると、連帯保証人に請求をします。

たとえどんな理由や事情があっても、

銀行からすれば、同じ債務者なのです。

 

私ども、任意売却横浜ではそういった

離婚の状況の方の相談も、日夜受けています。

 

もちろん沢山解決へも導いています。

 

どのようなかたちが一番いい解決方法か、

是非お問合せ下さい。

 

丸山

離婚と任意売却の事例

みなさんこんにちは。

任意売却横浜の丸山です。

 

2017617135245.jpgのサムネイル画像

 

本格的な冬を迎え、寒い日々が続いていますが、

任意売却横浜へは季節に関係なく、日夜相談が寄せられています。

 

先日、相模原市の板谷さん(48歳男性:仮名)の任意売却が無事終わりました。

 

相談当初、奥様と離婚調停をしていて、別居中でした。

板谷さんは貿易関係の仕事をしていましたが、業務も忙しく、

すれ違いが多くなり、夫婦も不仲になっていました。

 

そこへきて仕事で問題が起こり、トラブル続きのなか

会社の運営も難しくなり、板谷さんはかなりの収入減に

追い込まれてしまいました。

 

そこで家族関係もどんどん悪化し、

奥様から、離婚を迫られたのです。

201811314532.png

当初の約束で、梶谷さんが住宅ローンだけは払う、というかたちで、

奥様が相模原市の自宅に住み、板谷さんは川崎にアパートを

借りて別居していました。

 

 

奥様はその相模原の自宅にお子様(小学校6年生と5年生)と

3人で住んでいました。

 

当初はなんとか住宅ローンを払っていました。

しかし離婚の事もあり、梶谷さんもなかなか仕事に手が付かないうえ、

収入がさらに減少し、最終的には

住宅ローンが払えなくなってしまいました。

 

「このままでは子供たちを競売に巻き込んでしまう、、、」

と思い、任意売却横浜へご相談に来られたのです。

 

板谷さんは

「なんとか自宅を任意売却し、引越代位は渡してあげたい。」

と切実におっしゃっていました。

 

さらに板谷さんは、翌週より仕事で海外へ出張する事になっており、

しかも数ヶ月は帰ってこない、との事。

そういった状況でも依頼をいただき、

任意売却を進めていくことになったのです。

 

 

早速奥様のもとへ翌日会いに行きました。

 

 

離婚調停中な上、養育費も無く、ついには住宅ローンまで滞納し、

そして本人は遠方に居て、なかなか連絡がとれない。

女手一つで2人のお子様を育てながら、仕事をかけもちし、

奥様は大変な状況でした。

奥様も

「なんとか競売を避け、解決をしたい」

というご希望。

 

 

板谷さんとは電話やメールでやり取りをしながら、

弊社では販売活動と債権者交渉を行い、

なんとか購入者を見つけることができたのです。

 

奥様にも引越代をお渡しする事ができ

弊社の賃貸部門のご紹介でお子様の学区も変わることなく、

スムーズな引越しができました。

 

 

最初はかなり不安な面持ちだった奥様が、

会うたびに次第に安心していただけるようになったのが印象的でした。

 

 

どんな状況でも早めにご相談頂ければ解決できます。

お電話をお待ちしています。

 

丸山

離婚、競売、任意売却

みなさんこんにちは。

任意売却横浜の石川です。

 

201761717135.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

 

本格的な冬を迎え、寒い日々が続いていますが、

任意売却横浜へは季節に関係なく、日夜相談が寄せられています。

 

先日、相模原市の板谷さん(48歳男性:仮名)の任意売却が無事終わりました。

 

相談当初、奥様と離婚調停をしていて、別居中でした。

板谷さんは貿易関係の仕事をしていましたが、業務も忙しく、

すれ違いが多くなり、夫婦も不仲になっていました。

 

そこへきて仕事で問題が起こり、トラブル続きのなか

会社の運営も難しくなり、板谷さんはかなりの収入減に

追い込まれてしまいました。

 

そこで奥様から、離婚を迫られたのです。

 

当初の約束で、梶谷さんが住宅ローンだけは払う、というかたちで、

奥様が相模原市の自宅に住み、板谷さんは川崎にアパートを

借りて別居していました。

 

 

奥様はその相模原の自宅にお子様(小学校6年生と5年生)と

3人で住んでいました。

 

当初はなんとか住宅ローンを払っていました。

しかし離婚の事もあり、梶谷さんもなかなか仕事に手が付かないうえ、

収入がさらに減少し、最終的には

住宅ローンが払えなくなってしまいました。

 

「このままでは子供たちを競売に巻き込んでしまう、、、」

と思い、任意売却横浜へご相談に来られたのです。

 

板谷さんは

「なんとか自宅を任意売却し、引越代位は渡してあげたい。」

と切実におっしゃっていました。

 

さらに板谷さんは、翌週より仕事で海外へ出張する事になっており、

しかも数ヶ月は帰ってこない、との事。

そういった状況でも依頼をいただき、

任意売却を進めていくことになったのです。

 

 

早速奥様のもとへ翌日会いに行きました。

 

 

離婚調停中な上、養育費も無く、ついには住宅ローンまで滞納し、

そして本人は遠方に居て、なかなか連絡がとれない。

女手一つで2人のお子様を育てながら、仕事をかけもちし、

奥様は大変な状況でした。

奥様も

「なんとか競売を避け、解決をしたい」

というご希望。

 

201710139333.jpg

 

 

板谷さんとは電話やメールでやり取りをしながら、

弊社では販売活動と債権者交渉を行い、

なんとか購入者を見つけることができたのです。

 

奥様にも引越代をお渡しする事ができ

弊社の賃貸部門のご紹介でお子様の学区も変わることなく、

スムーズな引越しができました。

 

 

最初はかなり不安な面持ちだった奥様が、

会うたびに次第に安心していただけるようになったのが印象的でした。

 

 

どんな状況でも早めにご相談頂ければ解決できます。

お電話をお待ちしています。

 

 

石川

 

他社で断られた方、任意売却以外でもご相談を

201762115390.jpg

 

みんさんこんにちは。

任意売却横浜、事務局です。

 

当社は任意売却を専門とし、

相続、破産、債務整理、任意整理、住宅ローンの返済不能、競売、

自宅や不動産をお持ちである方に売却以外のアドバイスもしております。

 

取り扱う不動産も多種を極め、

・任意売却によるマンション、一戸建ての売却

・任意売却による投資用マンションの売却

・離婚によるマンション、一戸建ての売却

・相続によるマンション、一戸建て、投資用マンション、大きな土地の売却

・任意売却によるリースバック

 

等々、任意売却専門ではあるものの、

任意売却以外の特殊な事情のある不動産も取り扱っています。

 

相続と離婚と任意売却がすべて重なる状況もしばしば。

 

こいうった特殊な状況だと、なかなか大手不動産会社では

取り扱いができなかったりします。

 

大手不動産会社では、特殊な事情が一切無く単純な

「売りたい、買いたい」というお客様が非常に多く、

時間のかかる特殊な不動産に対応できない、

といった背景があります。

 

「大手不動産に相談したが、明確なアドバイスが無かった」

「大手不動産に売却依頼したが、時間だけ過ぎて解決できなかった」

 

2017830125111.png

 

ということで、弊社に相談に来る方もいます。

 

任意売却もそうですが、それなりの経験と知識とカンが必要です。

 

たしかに本当に取り扱えない状況の不動産もゼロではありません。

が、その際は、その理由と出来うる可能性については、

必ずアドバイスをしています。

 

任意売却だけではなく、

離婚、相続、差押え、税金滞納、そして競売等、

自宅を所有していれば、必ず関わりがあるものは

弊社でアドバイスしていますので、是非、ご相談ください。

 

以上、

任意売却横浜でした。

 

 

離婚にかかわる任意売却の相談も多いです

任意売却横浜、コンサルタントの石川です。

 

201761717135.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

 

先日、離婚を理由に任意売却をしたいとの相談を頂き、

お話しをしてきました。

 

その中で皆さまの相談として多かったのが、

 

「離婚をするので、住宅ローンの支払いを夫一人にしたい」

「離婚をするので、連帯保証人から外してほしい」

「夫が破産するので、離婚をして債務から逃れたい」

 

という内容。

 

残念ながら以上の内容の希望は、非常に通りにくいケースが多いです。

 

銀行側(債権者側)からすれば、夫も妻も、お金を貸した相手。

 

どちらにもお金を貸した事実は変わらないので、貸した側の立場として、

特にメリットもなく、条件をゆるめたり、片方だけに設定しなおす事も、

なかなか対応してくれません。

 

20178713240.jpg

 

「借り換え」という形で対応してくれるケースもあるようですが、

そもそも債務超過になっていたり、ローンの滞納等していれば

なおさらでしょう。

 

残念ながら、お金の事と夫婦の関係は、まったくもって考慮してくれません。

それがたとえ任意売却でも競売であってもです。

 

住宅ローンを組む時に押してしまった実印は

まさか数年たって、後悔の押印になってしまうのです。

 

とはいえ、弊社、任意売却横浜では、なるべく負担なく、

双方にとってベストな方法で解決のお手伝いもしてきました。

 

負担がすべてゼロになる事はなくても、

なるべく負担を軽く、なおかつ最悪の状態を避ける事、

が一番の解決だと思います。

 

是非、任意売却横浜にご相談ください。

 

任意売却横浜、石川

 

 

離婚と任意売却

みなさんこんにちは、

任意売却横浜、コンサルタントの丸山です。

 

2017617172645.jpg

 

最近相談で多いのが「離婚」に絡んだ任意売却の相談です。

 

当然ですが、弊社では離婚の手続き等の

お力になれるわけではありません。

 

家と、住宅ローンについてはお手伝いが可能ですが、

ご夫婦の共有名義や夫婦の連帯保証など、様々なケースもみかけます。

 

ここでちょっとした知識としてよくある例をご紹介します。

 

 

・慰謝料かわりに、住宅ローンを元夫が支払うケース

・慰謝料かわりに名義を元妻に変えて、元夫がローンを払うケース

 

という例です。

しかし名義がだれであっても、銀行の担保がついているかぎり、

支払いが滞れば、銀行は強制的に競売にできます。

 

これが担保(抵当権)の強さです。

一度この住宅ローンをすべて返し、

担保を外さないと、名義を変えても意味がありません。

 

 

・名義は元夫だが、住宅ローンの連帯保証人に

私(妻)がなっていて、これを解除したい。

 

皆さんご存知でしょうが、「連帯保証人」は

主たる債務者(ここでいう元夫)と

同じくらいの責任があります。

 

自宅を買うとき、住宅ローンを組むとき、

住宅ローンの審査に通したいため、奥様も保証人として

ハンコを押して自宅を購入している事もあります。

 

 そんな事をわすれて離婚に。。。

離婚の為、住宅ローンのことを調べると、

連帯保証人の欄に自分のハンコが!

 

そして解除はそう簡単にできません。

 

もちろん、滞納すると競売になり、

その残った債務は連帯保証人にも請求がきます。

 

私ども、任意売却横浜では

そういった離婚の状況の方の相談も、日夜受けています。

どのようなかたちが一番いい解決方法か、

是非お問合せ下さい。

 

丸山

 

離婚調停中の任意売却

みなさんこんにちは。

任意売却横浜の丸山です。

 

2017617135245.jpgのサムネイル画像

 

本格的な冬を迎え、寒い日々が続いていますが、

任意売却横浜へは季節に関係なく、日夜相談が寄せられています。

 

先日、相模原市の板谷さん(48歳男性:仮名)の任意売却が無事終わりました。

 

相談当初、奥様と離婚調停をしていて、別居中でした。

板谷さんは貿易関係の仕事をしていましたが、業務も忙しく、

すれ違いが多くなり、夫婦も不仲になっていました。

 

そこへきて仕事で問題が起こり、トラブル続きのなか

会社の運営も難しくなり、板谷さんはかなりの収入減に

追い込まれてしまいました。

 

そこで奥様から、離婚を迫られたのです。

 

当初の約束で、梶谷さんが住宅ローンだけは払う、というかたちで、

奥様が相模原市の自宅に住み、板谷さんは川崎にアパートを

借りて別居していました。

 

 

奥様はその相模原の自宅にお子様(小学校6年生と5年生)と

3人で住んでいました。

 

当初はなんとか住宅ローンを払っていました。

しかし離婚の事もあり、梶谷さんもなかなか仕事に手が付かないうえ、

収入がさらに減少し、最終的には

住宅ローンが払えなくなってしまいました。

 

「このままでは子供たちを競売に巻き込んでしまう、、、」

と思い、任意売却横浜へご相談に来られたのです。

 

板谷さんは

「なんとか自宅を任意売却し、引越代位は渡してあげたい。」

と切実におっしゃっていました。

 

さらに板谷さんは、翌週より仕事で海外へ出張する事になっており、

しかも数ヶ月は帰ってこない、との事。

そういった状況でも依頼をいただき、

任意売却を進めていくことになったのです。

 

 

早速奥様のもとへ翌日会いに行きました。

 

 

離婚調停中な上、養育費も無く、ついには住宅ローンまで滞納し、

そして本人は遠方に居て、なかなか連絡がとれない。

女手一つで2人のお子様を育てながら、仕事をかけもちし、

奥様は大変な状況でした。

奥様も

「なんとか競売を避け、解決をしたい」

というご希望。

 

 

板谷さんとは電話やメールでやり取りをしながら、

弊社では販売活動と債権者交渉を行い、

なんとか購入者を見つけることができたのです。

 

奥様にも引越代をお渡しする事ができ

弊社の賃貸部門のご紹介でお子様の学区も変わることなく、

スムーズな引越しができました。

 

 

最初はかなり不安な面持ちだった奥様が、

会うたびに次第に安心していただけるようになったのが印象的でした。

 

 

どんな状況でも早めにご相談頂ければ解決できます。

お電話をお待ちしています。

 

丸山