ホーム>任意売却ブログ>2020年4月

2020年4月

コロナ騒動の影響、任意売却

任意売却横浜、丸山です。

 

コロナ騒動の終息が見えないなか、相談も日に日に増えております。

 

・建設業で大手建設会社が工事を中止したため、収入が途絶えてしまった方

・飲食店に勤めていたが、店舗が閉店してしまう方

・観光業で来客が激減し、収入が激減した方

・タクシーの運転手さん

 

等、最近とても相談が多い状況です。

 

もちろん今すぐ、というワケではありませんが、住宅ローンの支払いが苦しくなってきており、

コロナ騒動の先々が見えないなか早めに対処しよう、とご相談される方が多いです。

 

皆様も早めにご相談ください。

住み続ける事も可能です。

 

丸山

 

緊急事態宣言時の任意売却対応について

任意売却横浜、丸山です。

 

202057131525.jpg

 

緊急事態宣言を受け、皆さま生活変化に大変苦労を強いられているかと思います。

 

弊社では業務縮小等は行わず、感染予防として衣服を含めた消毒、マスク着用、適切な距離を保ち業務を行う、等取り組み

以前と変わらず皆さまの相談業務を、行う予定です。

 

行政や裁判所も閉鎖したり、営業時間縮小しておりますが、皆さまの生活不安は縮小するわけではありません。

 

予防は徹底しておりますので、ご心配なく相談ください。

 

もちろん電話のみ、のご相談でも大丈夫です!

 

 

 

 

 

感染症が及ぼす経済的影響

任意売却横浜、コンサルタントの丸山です。

 

2017617172645.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

 

新型コロナウイルスの件で世間は大騒ぎですね。

皆さん、手洗いうがい、お気をつけください。

 

自粛ムードが広がると、経済活動が低下し、収入が減ります。

これは誰にでもわかる事です。

しかし、食費、通信費、光熱費、家賃や住宅ローン管理費等の支出は減りません。

 

ある程度の政策や、補助があっても限界はあります。

早く終息することを願うばかりです。

 

この感染症がおよぼす影響は、数か月では収まらないと思われます。

バブル崩壊、リーマンショック、未だその余波に苦しめられ、

住宅ローン問題にまで発展した方々の相談をお受けしております。

 

お困りの際は是非当社へ。

 

電話だけでも大丈夫です。

 

丸山