ホーム>任意売却ブログ>税金の滞納>税金の滞納と、差押えについて
税金の滞納

税金の滞納と、差押えについて

みなさんこんにちは。

「任意売却横浜」任意売却コンサルタントの丸山です。

2017617172645.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

今回税金についてお話ししたいと思います。

 

競売と同時に、「差押え」ということで

市役所等から通知がきた方も多いかと思います。

 

差押えといっても、実際なにか家のモノを

かってにもっていったりする訳ではありません。

 

ご自宅の登記簿に、

「差押え、○○市役所」

等記載されるだけです。

 

生活に直接なにか影響があるかというと

そういう訳ではありませんが、

不動産売買の時に、ものすごく影響があります。

 

どういうことかというと、

 

差押えの登記を解除しないと、

所有権の移転(自宅の売買)が事実上できない

 

ということです。

2017119124958.png

差押えを解除する手段はひとつ、

税金を納めること、です。

 

しかしどこまで納めるか、本税のみか、延滞金ふくめるのか

何日までの税金の計算になるのか、

等々、ケースバイケースです。

 

しかし、共通して言えるのは、簡単な作業ではありません。

もちろんお金も工面しなくてはいけませんし、

どこで工面するのか、どういう段取りで行うのか、

というのも重要になります。

 

基本的に任意売却では売買金額の中から、

差押え解除費用、ということで配分が認められています。

 

しかし多額(何百万も)になると全てが認められる交渉も難航します。

 

税金差押えの額が大きすぎて、任意売却に支障をきたします。

 

いずれにしてもほっておけば

「延滞金」が加算され、一日ごとに債務が増えていきます。

 

早めに解決するのが、一番負担が少ないのです。

 

税金で差押えの方、ご相談お待ちしております。

 

丸山

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ls-yokohama.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/89