ホーム>任意売却ブログ>破産>老後破綻と任意売却
破産

老後破綻と任意売却

皆さんこんにちは。

任意売却横浜、コンサルタントの丸山です。

 

2017617135245.jpg

 

 

先日解決した任意売却の事例を

ご紹介したいと思います

 

高齢化社会の影響でしょうか、

最近の相談の多くの方が60歳を超えています。

 

 

自分で商売されているならまだしも、

サラリーマンで定年を迎えてしまうと、

まだまだ働けるのに就職先にも、困る方が多くみえます。

 

年金の収入だけで生活出来ないうえ、さらに預貯金に

余裕が無いとなると生活そのものが苦しくなります。

 

先日相談にこられた横浜市緑区在住の

勝俣さん(61歳:仮名)もそのうちのお一人でした。

 

大学卒業後、とある商社にサラリーマンとして勤め、

定年まで頑張ろうとずっと働いていました。

 

が、昨今の不況で会社自体が規模縮小となり、

会社の方針で早期退職を募っていました。

 

「これまで頑張ってきたしな、、」

 

と退職金ももらえる事を期待し、今後会社もどうなるかわからない、

と、早期退職を決意しました。

 

ところが、、、

なかなか次の就職先も見つからず、見つかってもかなりの安い賃金。

 

「こんなはずではなかった、、、」

 

就職活動中の生活費は、退職金でまかなってきました。

 

子供達もすでに独立し、妻と二人きりの生活。

4LDKの広い一戸建てを持て余していた上に

月々18万円もの住宅ローンも払っていました。

 

さらに家も築25年。至る所のメンテナンスをする時期。

キッチン、トイレ、お風呂、給湯器、

故障箇所が出てきて、その度に多くの出費がかさみました。

そのうえ住宅ローンはまだあと10年も。

 

「70歳まで払い続けられるのだろうか・・・」

勝俣さんは不安になっていました。

 

なんとか就職先を見つけましたが、働いても手取り20万円そこそこ。

 

そして住宅ローンは月18万円。

生活費は60歳になる奥様のパート代でなんとかまかなっていました。

 

自宅を売ることも考えましたが、ローンは1500万円も残っているのに

自宅の価値はなんと800万から900万円。

土地の価値しかありませんでした。

 

退職金も就職活動中の生活費と自宅の修理代で消えていて

ほとんど残っていない状況が続き

生活状況がどんどん苦しくなっていきました。

 

子供達も独立していますが、子育てと学費と、

手助けできるほどの生活の余裕は無く、相談は出来ない状況でした。

 

「老後破綻、、、まさか自分の身にふりかかってくるとは、、、」

 

2017981608.png

 

勝俣さんはどうしてよいかわからないまま、

住宅ローンの支払いができなくなりました。

 

そこへ先日、「任意売却横浜」に相談にこられました。

 

「催促の電話がかかってくる」

「住宅ローンの為に、この先真っ暗です」

 

勝俣さんは泣きながら訴えました。

 

さっそく勝俣さんの希望を聞き、

自宅を任意売却するかたちで相談を受けました。

 

「どこに、誰に話して良いかわかりませんでした。」

「相談できるだけでも安心しました。」

 

と勝俣さんはおっしゃっていました。

 

解決に向けて勝俣さんと、任意売却を進め、

ようやく自宅を買って下さるかたも見つかり、

残債務についても銀行との話し合いができました。

 

勝俣さんにとっては、相談出来ない事、

それが一番辛かった様子でした。

 

まずは一度ご相談下さい。

横浜に限らず、お手伝い致します。

 

丸山

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ls-yokohama.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/66