ホーム>任意売却ブログ>任意売却>投資用マンションの甘い罠
任意売却

投資用マンションの甘い罠

皆さんこんにちは、

任意売却横浜コンサルタントの丸山です。

2017617172645.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

 

さて、任意売却横浜には日夜

たくさんの相談者の方がいらっしゃいます。

 

つい先日相談にこられた、

高橋さん(会社員50歳男性、仮名)の相談内容は、

投資用のマンションについてでした。

 

高橋さんは現在独身、商社に勤めていて給料も悪くなく、

お金も自由に使えていました。

 

そんななか、ある日ふとしたきっかけで投資用マンション

セミナーに行くことになりました。

 

そこで何人かの投資家と出会い交流を深めました。

そしてある日セミナーで出会った知人から、

 

「すごくお得な物件情報がある。興味ないか?」

 

と声をかけられました。

 

都内の立地でまだ築年数も新しく、なおかつ

「お得」

と聞いて、迷いに迷った上、高橋さんは投資用マンションを購入しました。

 

しかし実際運営してみると、

ローンの支払いと家賃がプラスマイナスゼロ、

紹介してもらった知人は

 

「ローン残高が減れば、うまく回りだすよ」

 

とのこと。

 

しかし時が経つにつれ・・・

 

なんと入居者が退出、賃料収入が無くなり、その間は持ち出し。

なんとか募集をして入居してもらっても、前より安い家賃。

 

結局家賃収入よりローン支払いが多く、

その度に貯蓄を切り崩していきます。

 

生活に支障が出始めました。

 

どこがお得なのかと思い、色々調べた結果、

なんと紹介されたのは売れ残り物件

 

確かに新築当時よりは安く「お得」でしたが、

そもそも他の投資家があまり手をつけたがらない物件でした。

 

結局その物件を売りつけた知人とは、それ以降連絡もとれず。

 

高橋さんは 

「いま考えるとその知人は、セミナーに参加しては

売れ残りの不動産を売りつける不動産屋だったかもしれない」

とおっしゃっていました。

 

事の真意はどうであれ、この投資用のンションの問題を

解決しないといけません。

 

高橋さんは貯蓄も底をつき、支払い困難な状況になり、

銀行から催促督促を受けはじめ、相談時には

競売の申し立てを受けていました。

裁判所からの通知もどっさり届く始末。

2017724145214.jpgのサムネイル画像

さっそく依頼を受け、債権者とも話し合いを進めました。

 

なんとか債権者と折り合いがつき、

買い手もみつかったところで、競売の取り下げができたのです。

 

多少のローンは残ったものの、競売で安く売られるよりは

はるかに高い金額だったと思います。

 

皆さんも美味しいお話しにはご注意を。

 

そしてもし同じ様な状況の方がいらっしゃれば

早めの相談を。

 

丸山

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ls-yokohama.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/73