ホーム>任意売却ブログ>離婚問題>離婚にかかわる任意売却の相談も多いです
離婚問題

離婚にかかわる任意売却の相談も多いです

任意売却横浜、コンサルタントの石川です。

 

201761717135.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

 

先日、離婚を理由に任意売却をしたいとの相談を頂き、

お話しをしてきました。

 

その中で皆さまの相談として多かったのが、

 

「離婚をするので、住宅ローンの支払いを夫一人にしたい」

「離婚をするので、連帯保証人から外してほしい」

「夫が破産するので、離婚をして債務から逃れたい」

 

という内容。

 

残念ながら以上の内容の希望は、非常に通りにくいケースが多いです。

 

銀行側(債権者側)からすれば、夫も妻も、お金を貸した相手。

 

どちらにもお金を貸した事実は変わらないので、貸した側の立場として、

特にメリットもなく、条件をゆるめたり、片方だけに設定しなおす事も、

なかなか対応してくれません。

 

20178713240.jpg

 

「借り換え」という形で対応してくれるケースもあるようですが、

そもそも債務超過になっていたり、ローンの滞納等していれば

なおさらでしょう。

 

残念ながら、お金の事と夫婦の関係は、まったくもって考慮してくれません。

それがたとえ任意売却でも競売であってもです。

 

住宅ローンを組む時に押してしまった実印は

まさか数年たって、後悔の押印になってしまうのです。

 

とはいえ、弊社、任意売却横浜では、なるべく負担なく、

双方にとってベストな方法で解決のお手伝いもしてきました。

 

負担がすべてゼロになる事はなくても、

なるべく負担を軽く、なおかつ最悪の状態を避ける事、

が一番の解決だと思います。

 

是非、任意売却横浜にご相談ください。

 

任意売却横浜、石川

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ls-yokohama.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/56