ホーム>任意売却ブログ>高齢者問題>高齢者問題、老後破綻の相談について
高齢者問題

高齢者問題、老後破綻の相談について

任意売却横浜、コンサルタントの石川です。

201761717135.JPGのサムネイル画像

 

弊社では毎日相談の電話があるのですが、

任意売却だけではなく、離婚、相続、破産について、

不動産そのものより、不動産に係る生活すべての相談

が非常に多いように感じます。

 

なかでもいちばんは、

「老後破綻」の相談が多く、

相談者の多くは、定年退職者や60歳以上の方です。

 

今時の60歳代はまだまだ元気で、

仕事もバリバリできる方もいますし、パソコンだって扱えたり、

足腰も強く、働き手としては戦力になりえる方々が

とても多いように感じます。

 

しかし、勤め先の間口がせまく、

定年退職後の再就職がみつからない、

という相談が圧倒的です。

 

それゆえ、住宅ローンに行き詰まり、

任意売却横浜へ相談に来られます。

 

「元気だし働く気力もあるのに仕事がないんです」

 

任意売却のコンサルタントになってから、

幾度となくこの言葉を聞きました。

 

家族皆の幸せの為と思って買った家が、

実は負債となって、幸せを奪ってゆく、

そんな声が後を絶ちません。

 

しかし日本全体が抱えている高齢者問題

こういった声はいまより多く、大きくなってゆくでしょう。

 

皆、同じ状況です。

老後、住宅ローンについてちょっと心配だ

という方は、遠慮なくご相談ください。

 

201785182226.png

 

お電話だけの相談も受け付けています。

0120-79-0570

 

石川

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ls-yokohama.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/55