ホーム>任意売却ブログ>2017年6月

2017年6月

店舗のリースバック

みなさんこんにちは!

任意売却横浜、コンサルタントの丸山です。

 

 

2017617172645.jpgのサムネイル画像

 

今回は自宅ではなく、経営されてる店舗

リースバックの成功例をご紹介したいと思います。

 

町田市にお住まいの高畑さん(56歳女性:仮名)は、

同じく町田市で小料理店を細々と営んでいました。

 

自宅は相模原の賃貸アパートで暮らしていて、

店舗は資金に余裕があった開店当日に

現金で購入した物件でした。

 

しかしその店舗が経営難の際になり、

その際とある金融会社からお店を担保に

借入れをしてしまったのです。

 

そこからは借金の返済の日々。

 

金利も高くなかなか元金も減りません。

 

「自分が食べていくなら充分なのに、

借金の返済でまるで余裕が無い」

 

そして高畑さんは、任意売却横浜のリースバックシステムを知り

相談に来てくれたのです。

 

高畑さんの話しと生活状況を聞き、収支を計算した結果、

店舗を売却してリースバックにすると、

あきらかに月々の負担が軽くなることがわかりました。

 

早速、弊社提携の投資家さん達と話しをし、

一番条件の良い投資法人でリースバックができたのです!

 

借金とあわせて、固定資産税も払わなくてよくなったので

高畑さんの負担はだいぶ軽くなりました。

 

「これで仕事に集中できます」

 

高畑さんは安堵の笑みを浮かべていました。

 

私も古き良き小料理店をひとつ、守ることができ、

大変うれしかったです。

 

丸山

 

 

リースバックで今後の資金を

任意売却横浜、コンサルタントの丸山です。

 

2017617135245.jpg

 

先日、任意売却横浜の「リースバックシステム」

をご利用頂いたケースをご紹介したいと思います。

 

横浜市戸塚区に住む青木さん(63歳男性:仮名)は

生涯独身で、現在病院の清掃員としてパートでお勤めでした。

家は両親の残した土地と古い家。

住宅ローン等はありませんでした。

 

しかし、青木さんはある日ギャンブルに一時的にはまってしまい、

かなりの額を使ったうえ、消費者金融に手を出してしまったのです。

 

「このままではいけない!」

と思い、すぐギャンブルと消費者金融の悪循環を

絶ったものの、、、

借りたお金がかなりの金利で、

なかなか元金が返済できず、毎月苦しい日々。。。

しかも残された財産は今住んでいるこの古い家のみ。

 

「引っ越ししたら家も狭くなるし、引っ越し代も無いし

八方ふさがりだった青木さんはどうしてよいか悩んでいた所、

弊社の「リースバックシステム」の存在を知ったのです。

 

「家も愛着があるし、できればこの家で生涯過ごしたい」

「そして横浜の事なら横浜の専門家に」

 

そう思って青木さんより電話を頂きました。

 

そして相談のうえ、弊社の提携している多くの投資家との

話し合いも順調に進み、結果引っ越しをすることなく、

月々の負担も減らすことができたのです。

 

毎月決められた家賃を払うだけで、不安も払しょくされ、

安心して毎日お仕事に通っているとの事。

 

「家の名義は変わりましたが、今まで通り使ってもよいと言われ

今はとても気が楽です。」

 

青木さんは笑顔でおっしゃっていました。

 

このような形でも、リースバックは活用できます。

相談無料ですので、まずは一度、ご相談ください。