ホーム>任意売却ブログ>任意売却>任意売却の後の事
任意売却

任意売却の後の事

任意売却横浜のコンサルタント、丸山です。

 

2017617172645.jpg

 

今回は、任意売却された方のその後について、

川崎市鶴見区の本田さん(52歳男性:仮名)のお話しです。

 

本田さんは、奥さんとお子さん2人という、一家4人家族でした。

高校2年生と3年生のお子さんがおり、ちょうど進学にお金が掛かる時期でした。

 

そこへ共働きだった奥さんが病気になられて入院。

長期入院の為、退職を余儀なくされました。

 

その結果、ご主人の給料だけでは4人の生活はギリギリ。

お子様が私学だった事と奥様の入院費もあり、

一時的な金銭的負担がとても大きかったのです。

 

結果、住宅ローンの支払いが出来なくなってしまいました。

 

ついに競売の通知が来たところで、当社にご相談に来られ、

任意売却でご自宅を売却。何とか競売を回避できました。

 

それからしばらくして先日、本田さんからお礼の連絡もあり、

たまたま引っ越し先に行く用事もあったので、

新しいご自宅に伺いました。

 

上のお子様は受験のために学習塾に通い、

下のお子様は自宅でテレビゲームをしていました。

みなさん食事も通常どおりですし、

奥さんの体調も回復し、リハビリもかねてジョギングが日課との事。

本当に普通の生活でした。

ご主人様もバリバリ仕事をして元気そうでした。

 

「住まいはアパートですが、家賃以外の大きい支払いもないし、

とても気楽です」

「何故あんなに家に執着していたのか、今となっては笑い話ですよね」

と本田さんはおっしゃってました。

 

実は、弊社に相談にいらしたときは

「絶対に引っ越したくない」

と言っていましたが、今は月々の負担も減り、

幸せを取り戻している様子でした。

 

任意売却の後でも普通の生活はおくれます

 

任意売却をしたからと言って、

普通の生活まで奪われることはありません。

 

ただ良い再スタートをきるために、任意売却をするだけなのです。

 

安心してくださいね。

 

丸山

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ls-yokohama.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/18