ホーム>任意売却ブログ>2017年2月

2017年2月

任意売却ってなに?

こんにちは、任意売却横浜

専門コンサルタント、石川です。

 

201761717135.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

 

よくある質問で、

「任意売却って?普通の売却とちがうの?」

と言われる事もしばしば。

 

お答えします。

普通の売却とほとんど変わりません。

 

しかし、通常と違うのは、

「自分の意志だけでは進められない」

という事。

 

債権者、抵当権者、いわゆる銀行や金融機関の

許可なしには売却ができないのです。

 

とても単純に言うと、

お金を全額返せば、抵当権を外してくれます。

返すお金が足りなければ、抵当権は外してくれません。

抵当権が外れないと、売る事ができません。

 

という事です。

 

そこで弊社、任意売却横浜では、

お客様の状況や収支をもとに

銀行も交えて、どのくらいで売って返済すれば、

抵当権を解除して売却に協力してもらえるのか、

 

等をアドバイスしながら、進めていきます。

 

何件も任意売却のお手伝いをしてきましたが、

通常の不動産仲介業務ではできないこと、やらないことばかり。

時には不動産業者さんからも、任意売却の相談を受けます。

 

それだけ専門性も強いものなのです。

 

他社で断られた方、どこへ相談してよいかわからない方、

是非一度ご相談ください。

 

 

石川

 

 

 

電話で相談、任意売却へ

任意売却横浜、コンサルタントの丸山です。

 

2017617172645.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

 

今回は、先日決済をした、任意売却のお話しです。

 

仙台に住む井上さん(56歳男性:仮名)は

以前東京都内に住んでいて、とある企業の営業マンをしていました。

 

しかし、当時、不動産投資が流行していた時で、

資金的に余裕のある井上さんは、

「余裕もあるし、手を出してみるか」

と、横浜市内にあるマンションを購入しました。

 

当初はマンションの運用もうまくいっていたのですが、

会社の人事異動で仙台へ転勤になりました。

 

おそらく数年帰らないという異動で、家族も一緒に

仙台へ移り住みました。

 

横浜のマンションは、そのマンション近くの不動産業者にまかせ、

自身は仕事と慣れない環境にめいいっぱい。

 

すっかりマンションの事も忘れていて・・・

 

ある日気づくと通帳の残高がごっそり減っていました。

 

なんとマンションはしばらく空室になっていて、

その間のローン、管理費、維持費だけがマイナスに!

 

あわてて任せていた不動産屋に連絡しても、

なんといつの間にか倒産していたとの事・・・

 

そうこうしているうちにローンも滞納

債権者である銀行から督促が届くようになりました。

 

「このままでは家族まで巻き込んでしまう!」

「しかし横浜なんてしょっちゅうは行けないし・・・」

 

そう思った井上さんは、弊社をHPで知り、相談の電話を。

 

「仕事でしばらくそちらに行けない・・・なんとか対策をお願いします!」

 

そこで私と井上さんで、書類は郵送と、メールや電話をつかい

コミュニケーションをとりながら、任意売却のお話しを進めていきました。

 

そしてなんとか債権者とも話しがつき、

競売にならずに済みました。

 

一番最後に行う決済の時に、初めてお会いしました。

なんだか文通の相手に会うような感覚でした。

 

ご挨拶をしたところ、想像どおりの方で、

 

「まさか電話だけでここまで真摯に対応してくれるなんて

思いませんでした。」

 

「丸山さんと出会えてほんとうによかった」

 

とお礼のご挨拶を頂きました。

 

多少の債務は残ったものの、返済しきれない額でもなかったので、

井上さんは債権者と話合い、月々少しずつ払っていくとの事でした。

 

これが競売だったらとても払えないくらいの額だった、と思います。

 

このようなかたちで、遠方からの相談も受けております。

 

神奈川、横浜市近郊、任意売却の相談は

「任意売却横浜」まで

 

丸山

 

 

引っ越し代Q&A

201762115390.jpg

 

 

みなさんこんにちは!

任意売却横浜、事務局です。

 

今回よくある質問として

引っ越し代についてです。

 

Q、引っ越し代はいくらもらえるの?

A、債権者(銀行)によって金額が異なります。

債権者はそれぞれ規定を設けて、引っ越し費用を定めています。

つまり相手によって違う以上、「引っ越し代○○円保証!」という広告も

みかけますが、そういった広告は気を付けた方がいいかもしれませんね。

しかし任意売却横浜では、今まで引っ越し代が0円だった事はありません。

粘り強く交渉していきますのでお任せください。

 

Q、引っ越し代をもらえるタイミングは?

A、任意売却完了決済の時です。

買い主に自宅の鍵を渡して任意売却完了となす。

つまり事前に引っ越しをする必要があるのですが、

引っ越ししないと引っ越し代がもらえない、

けれども引っ越しするには引っ越し代が必要だ、

なんて時も、弊社の賃貸サポート部が全面バックアップ!

精算のタイミングも調整致します。

 

Q、荷物が多くて片付けができない

A、そのままで大丈夫です。

引っ越しサポートとして必用な物だけ回収して頂き、

あとは弊社で処理業者の手配や段取りをしますので、ご相談ください。

 

等々、他にも聞きたいこと、知りたいことがありましたら、

任意売却横浜まで、ご相談ください。

 

 

 

  

 

老後の住宅ローン問題

みなさんこんにちは。

任意売却横浜、石川です。

 

201761717135.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

 

今回は老後破綻について

お話ししたいと思います。

 

任意売却横浜へ相談にいらっしゃる方は

高齢の方も多く、

 

「歳をとっても働けばいいんだ」

「頑張れば住宅ローンだって返せる」

 

とおっしゃる方も多いのですが、

勤め先にいつまでも安定的に雇ってもらえるとは限らず、

実際、歳を取ってからの再就職や職探しは、

極めて困難がつきまといます。

 

「体は丈夫なのに、勤め先だけが見つからない」

「これだけ働いても収支が追い付かない」

 

高齢になればなるほど、皆さんの大変な状況を伺います。

 

残念ながら就職先まではあっせんできませんが、

みなさんの収入と支出のバランスをみさせて頂き、

自宅の問題も含めて、アドバイスを日々行っています。

 

 

少子高齢化社会、これからこの様な問題が

もっともっと出てくると思います。

 

事前の対策をお勧めします。

 

石川